岡脇 柚太加


特別講師

(ABC-TOKYO付属三田バレエスクール代表)

徳島県出身。3歳よりバレエをはじめる。
オーディションを経て2007年AIS BALLET JAPAN 専科コースへ入学。

Carol Roderick女史、Tatiana Stepanova女史、Sherilyn Kennedy(元英国バーミンガムロイヤルバレエ団プリンシパルダンサー)、Alen Bottaini氏(元バイエルン州立オペラ座バレエ団プリンシパルダンサー、バルナ国際コンクールゴールドメダリスト)に師事。

在学中にアカデミー生徒して参加したバルナ国際コンクールでコンクール史上初、舞台上で踊りを披露。
2009年AIS芦屋ユースバレエ団正団員となる。

 

国内外のコンクール受賞歴として、2003年四国コンクール第4位、全日本バレエコンクール四国代表他、入選入賞多数。YAGP2009ニューヨーク シティ ファイナル(ニューヨーク、アメリカ)アンサンブル部門 TOP12作品『Two Kinds of…』(Yuki Yasuda振付)の一員として重責を担う。YAGP2010日本予選ソロ部門 ファイナリスト。ワシントンバレエスクール(アメリカ)サマーインテンシブのスカラーシップ賞を受賞、留学。

 

YAGP2012日本予選パドドゥ部門第3位 2011年AIS BALLET JAPANドイツ公演、『RISING UP』(キビリエ劇場 ミュンヘン ドイツ)に出演Alen Bottainiら世界のプリンシパルダンサーらと共演する。 AIS芦屋ユースバレエ団の定期公演では主要なレパートリーを踊る。Ashiya International Society主催のワークショップでは、ジュリー・ケント女史(ABTプリンシパルダンサー)、メーリス・パクリー氏(英国ロイヤルバレエスクール現役教師)、ビクトル・カバニャエフ氏ら多数に師事。AIS専科生の時代から、定期公演に出演する傍ら、年間通じて関西を中心に高齢者福祉施設、病院等のAIS教育福祉活動(OUT-REACH公演)に参加。
ブルーバード(眠れる森の美女)、ソロル(ラ・バヤデール)、くるみ割り人形の王子、バジル(ドン・キホーテ)等のクラシック作品のに加え、ドロッセルマイヤー(くるみ割り人形)などのキャラクターや、ボレロ(ラベール作曲、Viktor Kavaniaev振付)等のコンテンポラリー作品を含めたレパートリーがある。

 

2013年7月より ABC-TOKYOにソリストとして入団
古典作品では、アリ、ジークフリート、ロットバルト、ランケデム、バジル、など主要な役柄を踊る。
オーストラリアツアーの際には創作 鶴の恩返し で主役 きんぞう を、ヨセフとマリア では ヘロデ王役を踊る。

 

2014年7月ABC-Tokyo附属三田バレエスクール 代表に就任。
クラシックバレエのみならず、コンテンポラリー、振付けなどの分野でも幅広く活躍。

 

2016年よりABC-TOKYOバレエ団 Executive Director就任
同年1月1日 株式会社ライフスタイルオーダーメイド 代表取締役就任
現在バレエ団内でのほとんどの公演に主役として出演

 

2016年6月 MDF(Mita Dance Factory)を立ち上げ代表に就任
2017年ABC-TOKYO新作「夢」主演

永山美代子バレエスタジオでは特別講師としてバレエクラス、パドドゥクラスを教える。